結婚式 スピーチ 作り方

結婚式スピーチの作り方

結婚式に招待され、スピーチをお願いされたらまずは後回しなどにせず、すぐにスピーチの作成に取り掛かりましょう。

そう言うのも実際にスピーチを作ってみると、お風呂に入っているときや普段の何気ないときに「あ。あそこはこう言った方がいいかも。」と思うことが非常に多いからなんです。

結婚式が終わってからそんな後悔をしても遅いですから、なるべく早めにスピーチは一通り書いてしまって、その後こういったアイデアを取り入れてより良いスピーチを作った方が良いでしょう。

そんなことが全ての人に起こるわけがない!
と思われる方も多いかもしれませんが、それが実際結構起こりますので大事な人の結婚式で良いスピーチをしたいと考えている方は、是非騙されたと思って試してみてください。

正直な話を言いますと、期日ぎりぎりに作ったスピーチなどで良いスピーチだと思える、もしくは参列者が真面目に聞いてくれるようなスピーチはほとんど見たことがありません。

リサーチは必ず事前に行おう

たまに会社関係の方のスピーチを聞いていると、「あ、この人は新郎新婦とそこまで話した事がないな。」とすぐに分かってしまうことがあります。

大きい会社ともなるとそれもしょうがないことなのかもしれませんが、スピーチを聞いている側からするともうちょっとどうにかすることはできなかったのか。。と思うことがあります。

恐らくこういったスピーチは親族の方などが特に注意深く聞いているでしょうから、果たしてあの子は会社でうまくやっているのか。。とこのようなスピーチを聞いてしまえば無用な不安を感じさせてしまう場合もあるのではないかと思います。

もちろん皆さん仕事で忙しいでしょうから、あんまり過剰な期待をしてはいけないのかもしれませんが、それでもスピーチを頼まれたのであれば、会社で新郎新婦と仲の良い友人にその人のことを色々と聞いてみたり、新郎新婦はどのように考えているのかを一度食事などをしてみて聴いてみるのも良いでしょう。

そういった上でスピーチが書くことができれば新郎新婦はもちろん、参列者の方も気持ちよくあなたのスピーチを聞くことができますし、そういった努力は少なからずあなたの人望にも好印象を与えるのではないでしょうか。