結婚式 スピーチ テーマ

スピーチのテーマを決めよう

結婚式スピーチに関してはあまり固まった形式のようなものがありませんので、ある程度自分の好きなように話すことができます。

しかし逆に考えるとそれがスピーチを書く側からすると、一体何を書けばよいのか、といった迷いを生む原因にもなりますので、一概には良いことだとは言えないのかもしれません。

しかし、それをまた逆に考えると自分のスピーチ次第では結婚式に参加している方たちをちょっと楽しませたり、感動をさせることも自分の思うようにできるということですので、やはりこれはメリットとして考えた方がポジティブでしょう。

そこでじゃあどんなスピーチを書けば多くの人に喜んでもらえるかと言うと、やはり今までの経験からいうとある思い出を物語調に語るということですね。

自分と新郎新婦との思い出。
あのときあんなことがあり、その時新郎新婦はこのように行動した。
それが私にとって非常に思い出深く、またそんな行動(考え方)をする〇〇君(ちゃん)だから、たとえどんな苦労があったとしてもきっとこの先幸せな結婚生活を送れると私は考えています。

大雑把に言ってしまうとこんな感じでしょうか。

もしくは新郎新婦との思い出ではなく、自分の経験の話をストーリーにしても良いでしょう。

私は仕事上で様々な人間に出会ってきた。
その中でも印象的だったのが、どんな失敗をしてもお互いを責めることはせず、お互い励ましあって時には我慢をして何十年という結婚生活を送ってきたという話を聞かせてくれた今でも本当に幸せそうな夫婦です。
このとき私は私も結婚するときは絶対にこのような忍耐強い夫婦になろうという心に誓いました。
もしかしたら恩着せがましいのかもしれませんが、そのときの感動を新郎新婦の方にどうしてもお伝えしたかった次第でございます。

など。

このような感じで、より具体的にその思い出の話をすることができれば、かなりの高確率で素晴らしいスピーチはできあがります。

もしかしたらこのようなことを言われてもあまりぴんとこない方もいらっしゃるかもしれませんが、人間は本来物語り好きなところがありますので、是非スピーチの内容にお悩みの方は試してみてくださいね。