結婚式 二次会 スピーチ

二次会でのスピーチ

結婚式の二次会では幹事さんがほとんどを取り仕切ってくれますので、そこまで新郎新婦に何かをしなければなんていうことはありません。

しかしそれでも主催者としてお礼の気持ちを述べるスピーチなどは必ず必要なものですので、この二次会でのスピーチもちゃんと前もって用意しておきたいですね。

かといって結婚式と比べると二次会はそこまで形式的なものでもありませんので、素直な感謝の気持ちを特に事前に用意することなく、その場で披露しても良いと思います。

自分にはどちらが合っているかをしっかりと考えて、せっかく時間を割いて来てくださった方々に感謝の気持ちを述べるようにしましょう。

二次会でのスピーチの文例

結婚式の二次会でのスピーチは結婚式と同様、わざわざ来てくださった方への感謝の気持ちを述べるものです。

また二次会のセッティングをしてくれた友人へのねぎらいと感謝の気持ちも忘れずに述べるようにしましょう。

このスピーチもあんまり長くなってしまうと決して良くはありませんので、できるだけ短めに、かつ心を込めたスピーチを心がけるようにしましょう。

【二次会のスピーチの文例】

本日は私たちのためにこのようなパーティーに参加してくださって誠にありがとうございます。
また、このパーティーを行うに当たって色々な準備、そして幹事を嫌な顔せず引き受けてくれた、〇〇君、〇〇さん、本当にどうもありがとう。
これからの人生自分たちが想像もできないような苦難があるのかもしれませんが、こうしてこの日集まって祝福をしてくれた皆様の顔を思い浮かべるだけでも、必ず乗り切れるものではないかと思っています。
いくら言葉にしてもこの感謝の気持ちは伝えきれるものではありませんが、〇〇(新婦の名前)共々深くお礼申し上げます。
皆様、本当に本日はどうもありがとうございました。