3分間スピーチのネタとコツ

3分間スピーチでスピーチ上手

会社などによっては社員に対して朝礼などで3分間のスピーチを強制させているようなこところもあるようですが、こういったものに普段から触れている人はやはり結婚式などでも非常に上手なスピーチをする人が多いように思います。

上手なスピーチというのは、決してその話自体が面白いというだけではなく、スピーチの構成、目線の動き、声のトーンやスピード、顔の表情など様々な要素から作られるものです。

逆に言えば、スピーチの内容がそこまで優れたものでなくても、これらの要素に気をつけるだけで、スピーチ自体は卒なくこなすことができるということです。

そしてこれらのことを普段から練習することのできる3分間スピーチなどを行っている人は、結婚式のスピーチだけでなく、あらゆる場面で人前で話すことが上手い傾向があるように思います。

このスピーチが上手くなることで、自分に対する見返りのようなものも非常に大きくなってきますので、3分間スピーチなどをする機会がある人はそれらを上手に活用しましょう。

また、普段そういったことをする機会がない人も、この3分間スピーチの技術というものは普段の人間関係などでも役に立つことですので、是非一度は練習してみてはいかがでしょうか。

3分間スピーチのコツ

3分間というのはとても短いようにも思いますが、スピーチで3分間となるとそれは非常に長く感じるものです。

特に事前にしっかり準備をしていない場合はその時間も比べ物にならないほどに長くなってしまいますので、原稿の用意、そしてそれを音読する練習だけは最低限事前に行うようにしましょう。

また、原稿の方のしっかりと構成を考えるだけでも、その準備をはかどらせることができます。

例えば結婚式でのスピーチの場合、


1.簡単な自己紹介(30秒程度)

2.新郎新婦との出会いと印象に残っている出来事(1分半程度)

3.2の部分のエピソードから新郎新婦の長所を挙げ、この結婚を心から祝福していることを伝える(50秒程度)

4.最後にスピーチの清聴に対するお礼(10秒程度)


このように最初に枠組みを決めておくことで、頭の中も整理されますので、非常にすんなりスピーチの内容も決めることができます。

またこのようにすることで、長すぎると感じていた3分間というスピーチの時間が非常に短いものに感じるようになるでしょう。

あとはこの枠組みに沿って内容を決めていき、自分なりの素敵なスピーチを考え出してみてくださいね。