乾杯時のスピーチについて

乾杯時のスピーチについて

様々な場面で頼まれる結婚式でのスピーチですが、こちらでは乾杯のときのスピーチについてご紹介します。

乾杯のスピーチは原則として、必ず手短にということが挙げられます。

多くの人が経験しているかもしれませんが、グラスを片手に長々としたスピーチを聞くというというのは苦痛以外の何物でもありません。

特に結婚式の場合は原則乾杯をするまでは飲み物を会場で飲むことができないので、手に持った飲み物を一刻も早く飲みたいと考えている方も多いはずですので、乾杯のスピーチは必ず手短にするということを忘れずにしておきましょう。

しかし、逆にあまりに乾杯のスピーチが短すぎたり、内容がどうでもよいものだと、会場の心を一つにすることはできません。

会場の心が一つにならないと、あの気持ちいい「かんぱーい!」という言葉は一つにまとまりません。

こういったことから、乾杯のスピーチは決して長すぎず、短すぎず。

およそ1分程度のものと考えておきましょう。

また内容も例文などを参考にあまりにも適当にならないように気をつけましょう。

結婚式での乾杯スピーチ例文

〇〇君、〇〇さん。御結婚おめでとう。
ご両家の皆様方にも 心よりお祝い申し上げます。
はなはだ 僭越ではございますがご指名によりまして乾杯の音頭をとらせて頂きます。
それではご両家のいやさかとご臨席の皆様のご健勝
そして何よりもお二人の末永い幸せを祈念しまして乾杯したいと思います。
乾杯!


乾杯のスピーチで何よりも大事なことは、会場の心を一つにするということです。

ここでのスピーチが曖昧なものだと、出席者がどこで乾杯を言ったらいいのか分からず、「乾杯」という言葉が会場からばらばらに聞こえてくるという悲惨な状況になります。

「乾杯」という前にグラスをちょっと高く持ち上げたり、間をちょっと置くなどして、誰からもタイミングが分かりやすいように工夫をしてみましょう。